プロフィール

edokkomari

Author:edokkomari
仙台に来て20年。
Simpleが一番、Smileを絶やさず、Slowなくらいでちょうどいい。
そんなLifeをめざしてます。
今はさまざまな出会いに感謝の日々です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

フリーエリア

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

2009.06.27

麦刈り準備

梅雨の晴れ間
真夏のような日が続きます。

昨年の初冬に粘土団子にして蒔いた麦が
いい感じになりました。

いよいよ刈り取りの時です。

ところで、
刈った麦は、稲と同じように干すのだろうか。
とりあえず、はせがけができるように
伐採したスギの丸太をくんでみた。

ところが、
全然違う。

近所の親分肌の農業の先生が
飛んで来てくれました。
これでは、相撲小屋のようだなと
感想をもらしながら、
全部解体。

手取り足取り1からのご指導
杭
まずは、スギの丸太の長さを揃え、地面に刺さりやすいように、
チェーンソーで先端を尖らせる。

草刈り
麦干し用の棚を設置してしまったら、しばらく草刈りができないからと
きれいに草刈りをしておく。
草刈りの仕方も指南していただく。

棚1
スギの丸太で骨組みを作ったら、竹を約20cm間隔でスギに付ける。
竹を用意する時は、先端まで全部を残しておくこと。
竹の節は切り落としておく。

棚2
竹が短い場合は竹を継ぎ足す。
継ぎ目を縄で結んでおく。
家によって、竹が13段とか決まっているそうだ。
刈った麦は穂を頭にして置き、竹のところで折り曲げる。
南側に麦の穂が並ぶ。

準備は万端。
さあ、麦刈りだ。

そして、麦刈り後の畑からの
梅の収穫も待っている。

がんばろ!
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。