プロフィール

edokkomari

Author:edokkomari
仙台に来て20年。
Simpleが一番、Smileを絶やさず、Slowなくらいでちょうどいい。
そんなLifeをめざしてます。
今はさまざまな出会いに感謝の日々です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

フリーエリア

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

新しいMACの調子良さそうですね(^_^)
文章の流れも良い感じですね。
コーン先生の「ゆらし」と「雰囲気」は誰にも真似が出来ません。
私も自分自身の「色」をしっかり醸し出し・滲み出させていきたいです。
「許す」「ゆらし」「ありがとう」素晴らしいです。

2007.04.07  イリス  編集

読んでいてこちらまで癒される気持ちになれました。
ありがとうございます(^.^)

2007.04.07  やすらぎの杜  編集

いやーっ、素晴らしい文章ですね。
内容もとてもリアルで良かったです。

治療室に入ってきてすぐに「だれか嫌いな人とかいますか?」
って普通そんなことは聞かないですよねぇ。
きっとびっくりして、一瞬思考が止まった状態になったと
思います。

思考が止まると原始感覚が動き出すのです。
原始感覚は、いい音はいい音だと感じる感覚そのものです。
感覚したものごとを思考を介入せずにそのまま感じ分けます。

思考と原始感覚のバランスが大切です。
どちらかに偏りすぎるとバチが当たります。
当たったら当たりですから喜べばいいんです。

何を書いているのかわからなくなってきました。
せんせに免じて許せ!。m(--)m
とにかく、ありがとうございました。(^-^)

2007.04.07  コーン  編集

イリスさん、やすらぎの杜さん、コーンさん
ありがとうございます。

うまく書こうとするとつらくなるので、
気楽に、気が乗ったときに、
原始感覚をたよりに書いてます。

読んでくださって、おほめのお言葉をいただいて、
こんなうれしいことはありません。

ますます元気になりますよー

2007.04.08  edokkomari  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

操体法の今先生の治療室の扉を開けたところからでしたね。

「edokkoさん、どうしましたか?」
  実はー、どうもリウマチらしいのです。
  体がこわばってしまって、腕があがらないのです。

「edokkoさん、誰かすごく嫌いな人いる?」
  いません。

「すごく苦手な人いる?」
  いません。

「許せない人とかいる?」
  うーーーん。
  主人かな?いや、自分です。

「そうかぁー。
 そういう人がリウマチになるんだよ。」

「どういうことで自分が許せないの?」
  そうですねー。
  わかっているのに、できなかったり・・・
  もっとできるはずなのに、やらなかったり・・・

「そうかー。いいんだよー。
 edokkoさん、自分を許しますって声に出して言ってごらん。」
  じぶんを ゆ る し ます。 %8AG%95%B6%8E%9A%96%BC%82%F0%93%FC%97%CD%82%B5%82%C4%82%AD%82%BE%82%B3%82%A2%8AG%95%B6%8E%9A%96%BC%82%F0%93%FC%97%CD%82%B5%82%C4%82%AD%82%BE%82%B3%82%A2
   なぜか、涙が、涙が出てきてしまうのでした。
  でも、何かが抜け出たようで、軽くなる感じもしました。


「じゃあ、診てみようかー」
  
「全体的には、歪みなどはないねー」

「腕が上がらないのね。痛いんだよね。
 では、足からゆっくり揺らしてみようかな。
 うーん、固くなっているねー。
 揺らすと気持ちいいですかー。
 いいよねー。
 どの指が気持ちがいいか、ゆっくり味わってね。」

  最初は固く緊張した体も、先生の優しい揺らしに
  少しずつ少しずつ同調してきました。
  そのうち、頭のてっぺんまで揺れるようになってきました。

「edokkoさんは、僕と同じぐらいの歳だよねー。
 いろいろなことがあったよねぇ。」
  %8AG%95%B6%8E%9A%96%BC%82%F0%93%FC%97%CD%82%B5%82%C4%82%AD%82%BE%82%B3%82%A2

「生きているってね、自分が生きている時間だけでなくて、
 前世ってedokkoさんわかるかなぁ。
 今とは全然ちがう経験をしていたりするんだよね。
 今の苦労はきっと前世でなすことができなかったことが 
 課題となっていたりするんだよ。」

「痛いところは、ご苦労様、ありがとうっていいながら
 さすってね。
 こんなことでもなければ、腕や手を意識することもなかったでしょう。
 いつも働いてくれてありがとう。ありがとうってね。」

足揺らしの余韻は体全身へ伝わり、
今先生のやさしいお話は心の奥深くへ

「また来たくなったら、くればいいよ。」

そして、外に出て車で帰る私をお見送りしてくださいました。
  

つづく
スポンサーサイト

コメント

新しいMACの調子良さそうですね(^_^)
文章の流れも良い感じですね。
コーン先生の「ゆらし」と「雰囲気」は誰にも真似が出来ません。
私も自分自身の「色」をしっかり醸し出し・滲み出させていきたいです。
「許す」「ゆらし」「ありがとう」素晴らしいです。

2007.04.07  イリス  編集

読んでいてこちらまで癒される気持ちになれました。
ありがとうございます(^.^)

2007.04.07  やすらぎの杜  編集

いやーっ、素晴らしい文章ですね。
内容もとてもリアルで良かったです。

治療室に入ってきてすぐに「だれか嫌いな人とかいますか?」
って普通そんなことは聞かないですよねぇ。
きっとびっくりして、一瞬思考が止まった状態になったと
思います。

思考が止まると原始感覚が動き出すのです。
原始感覚は、いい音はいい音だと感じる感覚そのものです。
感覚したものごとを思考を介入せずにそのまま感じ分けます。

思考と原始感覚のバランスが大切です。
どちらかに偏りすぎるとバチが当たります。
当たったら当たりですから喜べばいいんです。

何を書いているのかわからなくなってきました。
せんせに免じて許せ!。m(--)m
とにかく、ありがとうございました。(^-^)

2007.04.07  コーン  編集

イリスさん、やすらぎの杜さん、コーンさん
ありがとうございます。

うまく書こうとするとつらくなるので、
気楽に、気が乗ったときに、
原始感覚をたよりに書いてます。

読んでくださって、おほめのお言葉をいただいて、
こんなうれしいことはありません。

ますます元気になりますよー

2007.04.08  edokkomari  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。