プロフィール

edokkomari

Author:edokkomari
仙台に来て20年。
Simpleが一番、Smileを絶やさず、Slowなくらいでちょうどいい。
そんなLifeをめざしてます。
今はさまざまな出会いに感謝の日々です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

フリーエリア

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

病気が教えてくれる、病気の治し方―スピリチュアル対症療法 病気が教えてくれる、病気の治し方―スピリチュアル対症療法
トアヴァルト・デトレフゼン、リューディガー・ダールケ 他 (2004/11)
柏書房

この商品の詳細を見る

やすらぎの杜さんでタイトルに魅かれて、お借りした本です。

今日は久しぶりに野球もサッカーも部活のない土曜日でした。
ゆっくりと主人と生姜紅茶をいただいて、
念入りな掃除と洗濯を終え
午後は本を読む時間を持つことができました。

まず、病気と治癒を理解するための考え方というのが
わかりやすそうで、そう簡単ではない表現で
でも、

症状とは意識に欠けているものが体に出たもの。
症状は人を正直にする。
追い出した部分をまた目に見えるようにするからである。

つまり、
「見ること」
変えるべきはものの見方、視点。

それには、両極性を理解しなくてはいけない。
善と悪、陰と陽のような
すべての中にこの両極性を見るようにしなければならない。

人間はミクロコスモス(小宇宙)だということをひとたび受け入れれば、
あらゆる性質を持つことをおそれなくなるはずだ。

そして
両極性から単一性へ

最後にこう書かれていました。

「問題はとかれるためにあるのではない。人生に必要な張りを生み出す
ふたつの極なのだ。」とヘルマン・ヘッセが言っている。
解決は両極性の彼方にある。
そこに到達するには、ふたつの極をひとつにして、反対のものを融和しなければならない。
これができるのは、両方の極を知った人だけだ。
すべての極を体験して取り入れようという心構えがなくてはできない。
<解いて、また結ぶべし>という古い格言がある。
まず区別して、分け目を知ること。
それが出来て初めて対極統一という偉大な行為に向かえる。
つまり、まずは物質界の両極性に深くおりること。
これは体であり、病気であり、罪である。
心の夜のいちばん暗い部分におりて、そこに統一の光を見つけるのだ。
苦悩に満ちた道が実は有意義なのだと知り、もといた場所にもどればいい。
それが単一性である。



リウマチについては
患者の多くが運動を激しく行ってきた人、
庭仕事や家の仕事をやりすぎた人、
身を粉にして人のためにつくしてきた人
つまり活動的で柔軟でじっとしていられないタチの人が多いそうです。

これは意識の不活発を埋め合わせているにすぎないのだそうです。

確かに私は考えることが苦手です。
考えるより先に行動しているというタイプの人間です。

ですから、
考えて考え抜かなければいけない問題が生じたとき
体が痛みを発して動けなくしたのでしょう。

病気になったときが、健康への道、人間の道を歩み始めるときだそうです。

このリウマチに感謝して
歩み続けましょう。
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。