FC2ブログ
プロフィール

edokkomari

Author:edokkomari
仙台に来て20年。
Simpleが一番、Smileを絶やさず、Slowなくらいでちょうどいい。
そんなLifeをめざしてます。
今はさまざまな出会いに感謝の日々です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

フリーエリア

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

2月7日は新月でした。

新月に木を伐採すると、虫がつかず、腐りにくいということで
この日を待っていました。
家の敷地内にイチョウの大木があります。
スギの木に囲まれ埋もれた感じでした。
イチョウに陽をあてたい思いと
増築する家の柱をとりたいと思い
新月伐採をすることにしました。

本職の相澤さんにお願いして、
友人3人と作業をしました。
20080207142048.jpg


まずは木に登りロープをつける。
倒す方向を見定める。
相澤さんが倒す方向にチェーンソーでV字の切り込みを入れる。
反対側からチェーンソーを入れる。
そしてくさびを入れ、ハンマーで打ち込む。

すると

バキバキ
メリメリ

頭の方からゆっくりとまっすぐに倒れ始める。

そして、
どっすーーーんと
地響きがする。

木1本
長さ18メートル
樹齢35年の静かな木の
存在の大きさを感じ、胸が高鳴りました。

相澤さんの仕事ぶりはまたまた見事なものでした。
ムダのない俊敏な動き
計算と経験に基づいた切り込み
自分の体を損なうことは絶対にせず、
道具と力学を駆使する
惚れ惚れする男の山仕事でした。

柱に必要な長さに切りそろえた倒木を
これから製材に出します。
その手順はどうしたら良いのでしょう。
太くて重い木をどうやって、トラックに積むのでしょう。
どのような柱になるのでしょう。

ひとつひとつ経験していきます。
いろいろな人に出会って、
いろいろな技を目の当たりにする。

わくわくします。

家ができ上がるまでの道のりは
まだまだ遠い。
ゆっくり楽しむことにしましょう。
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。