FC2ブログ
プロフィール

edokkomari

Author:edokkomari
仙台に来て20年。
Simpleが一番、Smileを絶やさず、Slowなくらいでちょうどいい。
そんなLifeをめざしてます。
今はさまざまな出会いに感謝の日々です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

フリーエリア

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

P1010064_convert_20080707185916.jpg

庭の4本のウメの木から、44キログラムのウメが収穫できました。

青ウメは、氷砂糖でウメジュース用に
6キログラムを2瓶作りました。

数日おいて、
青かったウメから、ほのかにウメの香りが漂うようになった頃
ウメを洗いました。

そして、点検しながら
へたを取ります。

以前梅干し作りをした時は
市販の大きくきれいな南高梅を購入しました。

説明書には無傷のきれいなウメを選んで、
漬けるようにと注意書きがありました。

今回は
庭にあるウメです。
長い間放置されていた庭木のウメです。
それでも
毎年誰かが、取っていたようですが。

手入れはされず、
農薬もかけられることなく、
肥料もあげられた様子もなく、
でも
庭のとっても良い場所にあるウメの木

「たわわになっているね~。」
「鈴なりっていう言葉を思い出すね~」
と言いながら
5人で
せっせ、せっせと
とりました。

大中小ぐらいに選別をして、
いざ一つ一つ手に取って見ると、
梅干し作りの説明書に書いてあったような
無傷のきれいなウメというのは、
ほんとに少ないです。

しみ、そばかすのある
一つ一つ表情の違うウメ

もちろん形も色も違う

これが自然なんだ!
完全なんて
何が完全なんだろう。

畑をしてみてよくわかります。
同じ時期に
同じ種屋さんで買った
同じ袋の種を蒔く。
出てくる日にち、
育ち方
なり方
みな違う。

子どもだって
みな違う。
そんな当たり前のことを
小さな種からあらためて学ぶ。
気づかせていただく。

みんな違っていい。
美味しい梅干しになってね、
と思いを込めて漬けました。

赤シソはまだまだ大きくなりません。
本漬けはしばらく先になりそうです。

きっと美味しい梅干しになりますよ。
楽しみに待っててください。
ごちそうします。
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。